法人事業税申告書の作成

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. はじめての決算>
  3. 決算・申告に必要な書類 >
  4. 法人事業税申告書の作成

法人事業税申告書の作成

法人事業税は地方税の一種で、法人が行う事業に対して都道府県が課す税金です。
申告書は法人住民税と併せたものになっており、まとめて作成されます。
各都道府県への申告であるため、税率などはそれぞれの地域で確認が必要です。
申告の書式も都道府県ごとに少しずつ違っています。

法人事業税の計算方法

法人事業税の税率には、所得割、付加価値割、資本割、収入割などがあります。
開業して間もない会社には、概ね所得割が適用されます。

所得割は、該当年度申告分の法人税額を基準に算出されます。
税率は所得金額に応じて変化します。

法人事業税のポイント

東京都の場合、原則として事業年度終了から2カ月以内の申告が必要です。
各道府県の申告時期については、所轄の税務署へお問い合わせください。

POINT 01法人住民税と併せて納税

法人事業税と法人住民税は、1枚の納付書でまとめて納付します。
普通は予備が1枚ありますが、手書きの場合は書き損じの訂正ができませんので、ご注意ください。

POINT 02法人事業税は翌期法人税の損金

法人事業税は、申告時の事業年度(通常は翌期)の損金になります。
法人税の処理においては、計上する事業年度に注意しましょう。

POINT 03赤字の場合は法人事業税なし(所得割の場合)

所得割で法人事業税が課せられる場合、赤字で法人税額がなければ、法人事業税は発生しません。

法人税申告と法人住民税の関わり

法人住民税の申告書は、法人事業税とともに、法人税の申告内容と連動して作成されるものです。
つまり、スムーズな法人住民税申告のためには、スムーズな決算書作成、スムーズな法人税申告が欠かせません。

決算書を詳しく知ろう

法人税等の申告書作成のポイント

法人税申告を行うためには、以下のような書類を作成する必要があります。
これら書類の作成ページでご紹介する要点を押さえて、申告書を読むための一助にしていただければと思います。

無料相談 全国対応 お問い合わせには専門の税理士が、直接お悩み・ご質問にお答えします。 シンコク ハシレ 0120-459-840 受付/9:00~19:00 土日要予約メールでのお問い合わせ
  • 決算・申告サービスとは
  • お客様の声
  • 運営事務所について
このページの上部へ