決算・申告書に関する用語集

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 決算・申告書に関する用語集>
  3. >
  4. 級数法

級数法(きゅうすうほう)

減価償却の方法のひとつです。「耐用年数にわたってその償却費を級数的に逓減するように計算する方法」であり、級数法によると耐用年数が増えるにつれて減価償却費の額が徐々に減っていくことになります。 期ごとの減価償却費は以下の計算式で求められます。

級数法の償却額=取得原価*当期項数/総項数
総項数=耐用年数(耐用年数+1)/2 当期項数=残りの耐用年数

  • 例:取得価額1,500、耐用年数5年の場合
  • 総項数=5*6/2=15
  • 1期目の償却額=1,500*5/15=500
  • 2期目の償却額=1,500*4/15=400
  • 3期目の償却額=1,500*3/15=300
  • 4期目の償却額=1,500*2/15=200
  • 5期目の償却額=1,500*1/15=100

※実際には取得価額のうち、残存簿価1円は償却できずに残ります。

このページの上部へ