決算・申告書に関する用語集

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 決算・申告書に関する用語集>
  3. >
  4. 定額法

定額法(ていがくほう)

減価償却の方法のひとつです。期ごとに一定の額を減価させていきます。償却率は耐用年数ごとに定められています。

定額法の償却額=取得原価*償却率

  • 例:取得価額1,500、耐用年数5年(償却率0.2)の場合
  • 1期目の償却額=1,500*0.2=300
  • 2期目の償却額=1,500*0.2=300
  • 3期目の償却額=1,500*0.2=300
  • 4期目の償却額=1,500*0.2=300
  • 5期目の償却額=1,500*0.2=300

※実際には取得価額のうち、残存簿価1円は償却できずに残ります。

このページの上部へ