決算・申告書に関する用語集

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 決算・申告書に関する用語集>
  3. >
  4. 引当金

引当金(ひきあてきん)

将来の特定の支出・素質に備えて、当期に負担すべき金額を見積もり計上したものです。貸借対照表の負債の部(または資産の部の評価勘定)に繰り入れられます。
引当金として計上するための条件は下記の4点です。

1.将来の特定の費用または損失であること
2.対象となる費用・損失の発生が当期以前の事象に起因すること
3.発生の可能性が高いこと
4.金額が合理的に見積もり可能であること

このページの上部へ