決算・申告書に関する用語集

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 決算・申告書に関する用語集>
  3. >
  4. 持分法

持分法(もちぶんほう)

企業集団連結決算にあたり、連結の対象にならないまでも一定以上の議決権を保有している会社の損益について、連結財務諸表に反映させる手法のことです。
持分法を適用する場合、他の会社の純資産及び損益のうち、当該会社に帰属する部分の変動に応じて、その株式の評価額を連結決算日ごとに修正することになります。
連結決算の対象になる会社は子会社、持分法の対象となる会社を関連会社(持分法適用外社)と呼びます。

このページの上部へ