決算・申告書に関する用語集

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 決算・申告書に関する用語集>
  3. >
  4. 配偶者控除

配偶者控除(はいぐうしゃこうじょ)

配偶者控除は、所得税および個人住民税において、納税者に一定の要件を満たす配偶者(妻または夫)がいる場合に適用される所得控除です。
配偶者控除を受けるには、配偶者が納税者と婚姻して生計を一にしており、年間の合計所得金額が38万円以下である必要があります。
配偶者の所得が給与収入である場合には、65万円までの給与所得控除を受けられますので、給与所得を受けている場合の所得限度は103万円になります。

内縁関係では控除の対象とならず、また青色申告者の配偶者その他の親族で青色事業専従者に該当し給与の支払いを受ける人、白色申告者の配偶者でその他の親族で事業専従者に該当する人は配偶者控除を受けられません。

税理士からのアドバイス
近頃、話題になっている配偶者控除。意外と知られていませんが、年間給与総額が103万円を超えて配偶者控除を受けられなくなっても、代わりに配偶者特別控除を受けられるようになっていいます。給与であれば、額面141万円未満までなら一定額の配偶者特別控除を受けられるのです。
このページの上部へ