税理士という職業

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 税理士とは >
  3. 税理士という職業

税理士という職業

税理士は、税理士法に定められた国家資格です。同法1条によれば「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適性な実現を図ることを使命とする」とされています。

税理士業務を許可される人

法的にあらゆる税目の税理士業務を許されるのは、税理士資格を持つ税理士と、弁護士、公認会計士です。

税理士 税理士国家試験に合格して2年以上の実務経験を積むことにより、税理士として働くことが可能です。また、多年にわたり税務署に勤務して一定の要件を満たした人も、税理士としての活動が認められます。
弁護士 税務法上、弁護士資格所有者には税理士資格が付与されるため、税理士会に登録して税理士業務を行うことが可能です。
公認会計士 上場企業の監査を、国に認められているのが公認会計士です。
公認会計士も、税理士業務を行うことを許可されています。

POINTニセ税理士にご用心

税務代理、税務書類の作成といった業務は、資格を有する人にのみ許された独占業務と定められています。しかし、世の中には税理士の資格を持たずに税理士業務を行う人がいます。いわゆる「ニセ税理士」です。ニセ税理士に税理士業務を依頼した場合、税務上のトラブルが発生して不測の損害を受けるおそれもあります。

税理士資格を有し、日本税理士会連合会に登録している税理士は、同連合会の「税理士証票」を持っています。また、日本税理士会連合会に問い合わせて、正規の税理士であるかどうか確認することも可能です。くれぐれもご注意ください。

無料相談 全国対応 お問い合わせには専門の税理士が、直接お悩み・ご質問にお答えします。 シンコク ハシレ 0120-459-840 受付/9:00~19:00 土日要予約メールでのお問い合わせ
  • 初めての方
  • お客様の声
  • 運営事務所について
このページの上部へ