税理士にしてもらえること

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 税理士とは >
  3. 税理士にしてもらえること

税理士にしてもらえること

「税務に関することは税理士へ」と言われても、起業したての頃などは何を相談してよいか分からない場合もあることでしょう。ここでは、税理士の業務、税理士へ依頼できる事柄についてご説明します。

税理士法上の業務(税理士法2条)

税理士は、他人の求めに応じ、租税に関し、次に掲げる事務を行うことを業とする。

1
税務代理
2
税務書類の作成
3
税務相談

この他、税理士の名称を用いて、他人の求めに応じ、税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を業として行うことができる。

依頼の形態はさまざま

一口に税金といっても、企業の法人税や個人の所得税、相続税など、数多くの税目があります。
必要な税務も短期的・スポット的なものから、長期的・継続的なものまでさまざまです。

1
法人の税務顧問として、定期的な報酬で税務全般について相談・代行
2
帳簿の記載、決算書類の作成、法人税申告などを1期分の単位で代行
3
個人の相続税など、スポット的に発生する税務の相談・代行

専門家の立場から納税者をサポート

多岐にわたる税務について、専門家の立場から代行や相談を行うのが税理士の役目です。
税務は多くの場合、専門的な知識が必要となり、内容に不備があると追徴課税などのデメリットが生じるケースも出てきます。税金について難しい、分からないことがあれば、税理士へ相談するのが解決への近道といえるでしょう。

POINT多様化する税理士の取り組み

現在では、税務だけでなく経営のコンサルティングを行う、特定の税務に特化して対応を高速化するなど、税理士が提供するサービスもさまざまです。無料相談や、それとは逆に面会回数を減らすことによる省力化など、クライアントが利用しやすいよう配慮した取り組みもされています。ぜひご活用ください。

無料相談 全国対応 お問い合わせには専門の税理士が、直接お悩み・ご質問にお答えします。 シンコク ハシレ 0120-459-840 受付/9:00~19:00 土日要予約メールでのお問い合わせ
  • 初めての方
  • お客様の声
  • 運営事務所について
このページの上部へ