代表ブログ

  1. 法人税申告・決算サポートセンターホーム>
  2. 代表ブログ>
  3. 法人税の節税対策>
  4. 決算締切日の特例の活用

決算締切日の特例の活用

2014/07/23

売上の請求書が毎月、月まとめで20日や25日であったとしても、この締め後に納品が完了した場合は、この商品引渡し分のその月の売上となります。
よく税務調査で指摘される、締め後の売掛計上漏れの問題です。

しかし、一定の条件を満たす場合、特例により請求締めでもよいことになります。
決算期よりも早く売上を締めることができるので、大きな節税になる場合があります。

ただし、次期以降も継続することが要件ですから、節税効果があるのは適用初年度のみ。
締切日は決算終了日以前の概ね10日以内であることも要件です。

現実の適用にあたっては、上記以外にもいくつかの注意点があります。
会計慣行上の簡便性から特例ができているので、それに沿った状況の整備も必要といえるでしょう。
安易な適用で利益調整とみなされないよう、ご注意ください。

このページの上部へ