亡くなられた方の預金は自由に引き出しても良いか

BLOG

法人税申告・決算お役立ちブログ

2021.11.06

相続

【相続豆知識】亡くなられた方の預金は自由に引き出しても良いか

実は亡くなられた方の預金は、多くの場合には、死亡後も引き出しが自由に出来てしまいます。

「預金の口座凍結」の話を聞くことがあり心配になられる方がいますが、金融機関が口座の凍結を行うのは相続人からの死亡の報告を受けたときからです。

事実上、相続人からの報告がない限り引き出しはできますので、葬式費用などを工面するために死亡後も引き出しを行うことは少なくありません。

ただし、その後の遺産分割協議において相続人間でその引き出しで揉めることのないよう合意をしておくことは必要ですし、引き出し額とそれにかかった領収書を保管しておくことも必要です。

 

法律上はどうなっているか、整理してみます。

預金名義人が死亡した際は金融機関に口座凍結の報告手続きが必要。

しかし、葬式費用や未払の入院費などは故人の死後すぐに必要となるなど実情を考慮して、2019年7月からは凍結中の口座であっても、相続人であれば預金を引き出すことが出来るようになりました。

ただし、口座凍結後に引き出しのできる金額には上限があり、相続時の預金×1/3×法定相続分(上限150万円)までとなっている点ご注意ください。

SERVICE

決算申告でお悩みの方を
2つのプラン解決

申告完了後も、税務に関するご相談は無料

申告完了後も、税務に関するご相談は無料

経理処理から申告書作成まで
まとめて依頼できる格安プラン

77,000(税込) ~
(年1回のスポット契約)

こんな方へおすすめ

  • 決算申告が
    分からない

    起業したて

  • 期限が迫り
    困っている

  • 申告書だけ
    依頼したい

お客様にあわせて柔軟に対応いたします

  • 領収書などからの直接経理もお受けできます
  • エクセルデータ、CSVデータをフル活用
  • 郵送、電話、メール、データ転送で効率対応
  • 経理処理からお任せできます
  • 決算が完成して、申告書作成のみも対応

決算申告まとめてプランくわしく見る

期限が過ぎた申告や
何年も行っていない
申告を
まとめて解消

77,000(税込) ~
(1期当たりの年額)

こんな方へおすすめ

  • 決算申告が
    分からない

  • 無申告が
    何年もある

  • 税務調査が
    心配

お客様にあわせて柔軟に対応いたします

  • 国税出身税理士による調査対応
  • 豊富な実績で最善の方法を検討します
  • 税務署からの問合せや青色取消も対応
  • 長期のスケジュール管理で全ての申告を解消
  • 事業拡大は顧問契約も検討します

無申告解消プランをくわしく見る

年一決算の
お悩み解決!

創業間もない会社から上場関連まで
負担の少ない格安の料金で質の高い決算・申告書を作成します。

0120-459シンコク-840ハシレ [受付時間]平日9:00~18:00 土日祝は要予約

0120-459シンコク-840ハシレ [受付時間]平日9:00~18:00 土日祝は要予約

お問い合わせ
お気軽にご相談ください

無料電話相談サービス

税理士に「相談」するほどでもないけど、ちょっと聞いてみたい。
そんな経営者様のための無料電話相談サービス好評受付中。

- 決算後の対応もお任せ下さい -

お客様のご希望に応じ、決算後の税務顧問はもちろん、融資や補助金・助成金の支援も行っております。
企業の成長に応じて、ステージ毎に起きている様々な問題を、会計・税務の観点から改善・提案を行っていきます。