リース契約に関する制度改正(平成20年)│税理士・高橋彰の法人税節税対策コラム

BLOG

法人税申告・決算お役立ちブログ

2014.07.09

法人税の節税対策

リース取引(所有権移転外リース)に関する改正の注意点

2008(平成20)年4月1日以降、新たに契約するリース取引については大きな制度改正がありました。
以前は、支払いのリース料を「賃借料」として処理すればよかったのですが、これ以降は売買による取得として扱うこととなりました。

つまり、契約締結時にリースの総額を全額、減価償却資産として処理する必要があります。そして、毎月のリース料は未払金の減算として処理する形となるわけです。
その場合の償却はリース期間定額法。残存価額なしのリース期間に渡る均等償却(月数按分あり)ですので、リース料が均等払いなら通常は償却額と一致し、特別の調整は不要となります。
従来通り、「賃借料」と処理しても償却費として損金経理した金額に含まれます。

ただし、消費税の扱いは大きく変わります。
売買として扱われるので、契約締結時に全額仕入控除となり、支払い時の控除とはならない形です。
早期控除ができるという点で、納税者に有利かもしれません。
上記の法人税上の賃借処理の認容は、中小企業向けの簡便処理ですが、消費税の扱いの違いを考えると、誤りのない処理を続けるためにも、結局法人税、消費税ともに売買処理を採用せざるを得ないと思われます。

SERVICE

決算申告でお悩みの方を
2つのプラン解決

申告完了後も、税務に関するご相談は無料

申告完了後も、税務に関するご相談は無料

経理処理から申告書作成まで
まとめて依頼できる格安プラン

70,000税抜~
(年1回のスポット契約)

こんな方へおすすめ

  • 決算申告が
    分からない

    起業したて

  • 期限が迫り
    困っている

  • 申告書だけ
    依頼したい

お客様にあわせて柔軟に対応いたします

  • 領収書などからの直接経理もお受けできます
  • エクセルデータ、CSVデータをフル活用
  • 郵送、電話、メール、データ転送で効率対応
  • 経理処理からお任せできます
  • 決算が完成して、申告書作成のみも対応

はじめての決算プランをくわしく見る

期限が過ぎた申告や
何年も行っていない
申告を
まとめて解消

70,000税抜~
(1期当たりの年額)

こんな方へおすすめ

  • 決算申告が
    分からない

  • 無申告が
    何年もある

  • 税務調査が
    心配

お客様にあわせて柔軟に対応いたします

  • 国税出身税理士による調査対応
  • 豊富な実績で最善の方法を検討します
  • 税務署からの問合せや青色取消も対応
  • 長期のスケジュール管理で全ての申告を解消
  • 事業拡大は顧問契約も検討します

無申告解消プランをくわしく見る

年一決算の
お悩み解決!

創業間もない会社から上場関連まで
負担の少ない格安の料金で質の高い決算・申告書を作成します。

0120-459シンコク-840ハシレ [受付時間]平日9:00~18:00 土日祝は要予約

0120-459シンコク-840ハシレ [受付時間]平日9:00~18:00 土日祝は要予約

お問い合わせ
お気軽にご相談ください